現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 雨漏り修理 > 《名古屋守山区・千種区・名東区》雨樋とは 破損原因

《名古屋守山区・千種区・名東区》雨樋とは 破損原因

雨漏り修理 2023.12.03 (Sun) 更新

有水塗装店伊藤です!!

名古屋市守山区・名古屋市千種区・名古屋市名東区・尾張旭市 外壁塗装専門店有水塗装店の外壁塗装ブログをお読みくださり、誠にありがとうございますo(〃^▽^〃)o💫

 

 

 雨樋とは 

雨樋10 | フリー素材ドットコム

雨樋とは屋根からの雨水の下へ流す大切な箇所です( •̀ ω •́ )✧

屋根の水を受け止める部分を「軒樋(のきどい)」、地面へ流す部分が「竪樋(たてどい)」といいます。

 

雨樋の異常を放置してしまうと、いろんなことに悪影響がでます。

外壁が痛みやすくなったり、外壁が水を多く含み室内が湿気ぽくなったりなどが起きます💦💦

もし雨樋が壊れていて場合や役割りを果たせないと、壁に直接伝って地面に流れることになります。

湿気からシロアリの発生や、カビ・コケが付着したりと、お家の寿命を縮める原因にもなりますので

早めに修理をすることをおすすめします。

 

雨天(雨の天気)マークのイラスト | 無料フリーイラスト素材集【Frame illust】 雨樋が劣化・破損する原因 雨天(雨の天気)マークのイラスト | 無料フリーイラスト素材集【Frame illust】

🔵 落ち葉やゴミの詰まり

近くの樹木からの落ち葉や風で飛んできたゴミなどがたまり、詰まりを引き起こす場合があります。

詰まりだけが原因であれば、落ち葉などを取り除いたあとに水が流れるかチェックすれば完了です。

 

🔵 雪の重み

積もった雪の重みで破損するとそこから水漏れが発生し、外壁を侵食してしまう恐れがあります。

この場合は破損した部分の交換で修理することが多いです。

雪災による破損は火災保険が適用になることがあり、自己負担なしで修理できることが多いです。

 

🔵 強風や飛来物

台風時の影響で雨樋に歪みが起きたり、強風による飛来物で破損する場合も考えられます。

この場合も破損した箇所の交換となり、火災保険が適用することがほとんどです。

 

🔵 経年劣化

雨樋の寿命を迎え、自然と穴が空いたりする場合があります。

この場合は全体が劣化している可能性があるため、全交換が必要になることがあります。

 

🔵 施工不良

ごくまれに施工不良により水漏れや歪みが起きている場合もあります。

傾斜が足りなかったり、金具の固定不足、繋ぎ手に隙間があるなど

新築や雨樋交換から1~3年ほどで心当たりもない場合は施工不良の可能性があります。

 

 

本日も名古屋市守山区・名古屋市千種区・名古屋市名東区・尾張旭市 外壁塗装専門店有水塗装店の外壁塗装ブログをお読みくださり、誠に有難うございました(❀ᴗ͈ˬᴗ͈) ⁾⁾

外壁塗装のご質問等がございましたらお気軽に名古屋市守山区・名古屋市千種区・名古屋市名東区・尾張旭市 外壁塗装専門店有水塗装店へお問い合わせください。

⇩施工事例⇩

https://arimizutoso.jp/works/19953/

⇩営業時間は9時00分~17時00分⇩

0120-716-710

⇩お見積りは無料で行っておりますのでお気軽にお問い合わせください♪(❛ᴗ❛ و(و˚˙

地域密着!長持ち塗装でお客様の大切なお家を守りますご相談・見積り・診断は無料です!!

0120-716-710 受付時間 9:00~17:00
(金曜日定休)

  • 名古屋市守山区・尾張旭市 外壁塗装ショールーム 来店予約でQUOカード進呈!!来店予約はこちら
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!