現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 外壁について > 《名古屋守山区・千種区・名東区》窯業系サイディングの塗り替えのタイミング

《名古屋守山区・千種区・名東区》窯業系サイディングの塗り替えのタイミング

外壁について 2023.06.15 (Thu) 更新

有水塗装店伊藤です!!

名古屋市守山区・名古屋市千種区・名古屋市名東区・尾張旭市 外壁塗装専門店有水塗装店の外壁塗装ブログをお読みくださり、誠にありがとうございますo(〃^▽^〃)o💫

 

窯業系サイディングとは、セメント質原料や繊維質原料、混和材を混ぜ合わせ形成し

窯で乾燥させて固めた外壁材になります(❁´◡`❁)

表面は木目調やレンガ調、石調など様々で表面塗装も施されています。

その意匠性を長く保つため、防汚効果の高い塗料などを塗装し完成となります。

窯業系サイディングはどんな状態になればメンテナンスが必要になるのでしょうか?

実際の劣化症状も含めポイントをご紹介していきます🔆

 

窯業系サイディングに塗装をする理由

窯業系サイディングに塗装を行う理由は大きく分けて2つあります👏

 

美観のため

窯業系サイディングの表面は保護するための塗料が塗ってありますが、経年劣化により

外壁自体に紫外線が到達し色あせや変色などが起こります。

一度色あせすると元も色には戻らず、美観を損ねてしまうことに・・・

そこで保護塗料を塗り直せば、色あせや変色を防ぐことができます。

色あせや変色が起きてしまった外壁材は上から新たに塗料を塗ることで美観を取り戻せます。

その他、コケや藻、雨だれの汚れが発生することもあるため、汚れを除去するには外壁塗装は有効です

 

外壁・建物の耐久性の維持とメンテナンスのため

雨や風・紫外線に晒されると塗料は少しずつ劣化します💦💦

また窯業系サイディングには外壁材の繋ぎ目にあるシーリングがありますが、劣化しやすく注意が必要です。

劣化したシーリングから雨水や湿気が内部に侵入してしまい、建物自体に影響が出る恐れがあります。

一般的な窯業系サイディングに使用される表面塗装の耐久性は約10年程、シーリングは数年~15年です。

新築から10年でメンテナンスするといいでしょう(. ❛ ᴗ ❛.)

 

窯業系サイディングを劣化すると・・・

🔶コケや藻、カビの発生

🔶ひび割れの発生

🔶チョーキング現象

🔶色あせ、変色

🔶ひび割れ

などが発生します。

 

上記の症状が現れたら、一度外壁塗装の現地調査を依頼することをおすすめします。

ほとんどの業者は無料で現地調査を行ってくれるため、ご自宅の状態を確認してみてください🌟

本日も名古屋市守山区・名古屋市千種区・名古屋市名東区・尾張旭市 外壁塗装専門店有水塗装店の外壁塗装ブログをお読みくださり、誠に有難うございました(❀ᴗ͈ˬᴗ͈) ⁾⁾

外壁塗装のご質問等がございましたらお気軽に名古屋市守山区・名古屋市千種区・名古屋市名東区・尾張旭市 外壁塗装専門店有水塗装店へお問い合わせください。

⇩施工事例⇩

https://arimizutoso.jp/works/19953/

⇩営業時間は9時00分~17時00分⇩

0120-716-710

⇩お見積りは無料で行っておりますのでお気軽にお問い合わせください♪(❛ᴗ❛ و(و˚˙

地域密着!長持ち塗装でお客様の大切なお家を守りますご相談・見積り・診断は無料です!!

0120-716-710 受付時間 9:00~17:00
(金曜日定休)

  • 名古屋市守山区・尾張旭市 外壁塗装ショールーム 来店予約でQUOカード進呈!!来店予約はこちら
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!