現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 塗装時期・目安 > 《名古屋守山区》外壁劣化症状例 第1弾

《名古屋守山区》外壁劣化症状例 第1弾

塗装時期・目安外壁について 2023.01.07 (Sat) 更新

有水塗装店伊藤です!!

名古屋市守山区・名古屋市千種区・名古屋市名東区・尾張旭市 外壁塗装専門店有水塗装店の外壁塗装ブログをお読みくださり、誠にありがとうございますo(〃^▽^〃)o💫

 

今日も寒いですね、、、、最高気温10度もいかないみたいです(┬┬﹏┬┬)💦

よく夏派と冬派どちらかと話をするかと思いますが私は夏派です🔆🔆

自分の周りは冬派が多いのであまり共感してくれないのですが、皆様はどちら派ですか?

 

 

新年が始まり、段々とお問い合わせが増えてきました🙇‍♀️🙇‍♀️

新しい年が始まったということで塗装を考えてる方や気になり始めた方もいらっしゃるかと思います。

 

外壁塗装は時間が経過すると必ず劣化していきます🤔

それを放置してしまうと雨漏れの原因になったり、雨漏れによる建物の腐敗する可能性が高くなります。

それによりお家の寿命を縮めてしまう恐れがあるため、早期で補修することが最善です( •̀ ω •́ )✧

 

ではどのタイミング、どの時期で塗装に踏み込めばいいのでしょうか。

今回、建物の劣化状態でご自身のお家が外壁塗装を必要としているのかブログを

ご覧いただきながら是非チェックしてみてください(❁´◡`❁)

 

 

 

まず初めにどのような原因で劣化をするのか、、、

主な原因は太陽光(紫外線)雨風です。

長い年月によって防水機能などを壊していくので雨漏れの原因なっていくのです😱

 

 

劣化症状例

ここからご自身のお家にも劣化症状が現れていないかチェックしてみてください(. ❛ ᴗ ❛.)

 

チョーキング現象

チョーキングとは塗装が劣化をしてチョークのような粉が浮き出る現象です。

主に紫外線の影響によるもので約10年前後で起こり始めます。

ご自身で確認する際、陽当りの良い面で現象が出ているかチェックしてください😊

素手で触り、はっきり色がつけばチョーキング現象の可能性があります。

 

 

 

色あせ

当時より色が薄くなっていることを色あせといいます。

主に紫外線や雨風によるものです。

塗膜自体の防水性が低下しているのでこのまま放置をすると内部に水が侵入する可能性があります💦

陽当りが良い面と悪い面で比べて色が薄くなっていれば色あせの可能性があります。

 

 

 

苔の発生

主に日当たりが悪く、湿気が多い環境で苔は発生します☂️

外壁塗装には防水効果がありますが年月が経ち薄れ、

そこから水が弾かなくなり苔に繋がります😢

緑色に近い色が外壁に付着していれば苔の可能性があります。

 

 

 

第1弾はここまでです🔆

次回第2弾でも劣化症状例をご紹介致しますので是非ご覧ください!!

 

本日も名古屋市守山区・名古屋市千種区・名古屋市名東区・尾張旭市 外壁塗装専門店有水塗装店の外壁塗装ブログをお読みくださり、誠に有難うございました(❀ᴗ͈ˬᴗ͈) ⁾⁾

外壁塗装のご質問等がございましたらお気軽に名古屋市守山区・名古屋市千種区・名古屋市名東区・尾張旭市 外壁塗装専門店有水塗装店へお問い合わせください。

⇩施工事例⇩

https://arimizutoso.jp/works/19953/

⇩営業時間は9時30分~18時00分⇩

0120-716-710

⇩お見積りは無料で行っておりますのでお気軽にお問い合わせください♪(❛ᴗ❛ و(و˚˙

地域密着!長持ち塗装でお客様の大切なお家を守りますご相談・見積り・診断は無料です!!

0120-716-710 受付時間 9:00~17:00

  • 名古屋市守山区 外壁塗装ショールーム 来店予約でQUOカード進呈!!来店予約はこちら
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

他社でお見積り中の方も大歓迎!失敗しないためにもぜひ比較してください!!